不動産の豆コラム不動産に関する豆知識やコラムを週1回更新!

  1. Bright Future!!

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Clip to Evernote

    2014年05月30日

    小田急延伸

    皆さーん。またまたご無沙汰してしまいました。
    営業2課の丸尾です。GWはいかがでしたでしょうか?楽しかったでしょうか。
    いやー、週に一度の更新のはずが1ヶ月に一度のペースになってしまっております。申し訳なーい。しかしまあ、いつの日かこの穴埋めはされるはずです。
    今月前半のGWを振り返ってみますと、なんともドシャ降りとまでは言わないまでも、結構な雨の中を休まず、ぶっ通しで走ったような疲れと孤独感に包まれていたような感じでした。
    そして濃い霧の中を朦朧と歩いていると突然、霧がはれ、前方が明るくなり白い光に覆われハッと我に返ると、もう月末まじかだったという感じです。
    なんともまぁ。
    そしてやっとのことでネタが見つかりました。 A great news item. 個人的に大好きなジャンルです。
    ワクワクしてきます。 さーっ、やってきます。 明るい未来です。

    子供の頃、SFマンガで見た“博士と少年が時計型携帯テレビ電話で会話しているシーン”を思い出しました。その当時はあり得ない夢のようなマシーンだと思いましたが、今となっては現実のものとなっています。
    記憶ではダイヤル式黒電話からプッシュホン、そして自動車電話、移動電話に携帯電話。そしてついにスマートフォンと思えばなんと「iWatch」です。その移り変わりをまのあたりにし、浮かぶ言葉は「夢はかなう」ですかね。そうです夢はかなったのです。しかし、今回は「iWatch」の話ではありません。
    前置きが長くなりました。色々な事が起こります。さまざまな事が起こります。
    これから13年くらいは目が離せません。  「From where?」 「From what??」
    そうです Our fields,相模原・町田界隈であります。これからは目が離せません。
    先日26日。「小田急線の延伸構想の推進」に付いて、町田の石阪市長と相模原の加山市長が覚書を交わしました。次期交通政策審議会(平成27年)で結束して推し進めていくというものです。実現すればスゴイことになります。これまた夢のような話が実現するかもしれないのです。これからの13年間でです。その間には東京オリンピックも開催されます。兎に角すごいことになります。
    小田急多摩線は唐木田駅から町田市内に中間駅(下小山田町あたりか)―相模原駅―上溝駅までの8.8km延長するのです。唐木田駅から町田市内中間駅までは高架橋。中間駅からは地下に潜って相模原駅は地下。そのまま地下トンネルで上溝駅の直前で地上に出て高架の上溝駅となる様です。
    これを2027年のリニア開業までに行うという事です。これは橋本のリニア中間駅開業と小田急線延伸だけにとどまりません。平成20年6月に日米合同委員会にて正式合意したJR相模原駅の南側に隣接する相模総合補給廠跡地の返還(2014年度予定)とその後の有効活用ともリンクします。
    更にはさがみ縦貫道路開通による交通の要衝として期待が持てます。首都圏西部の広域連携拠点として更に発展するはずです。ここに住み着いたものとしては、関西、東海、北陸、信州、東北からのハブとしての機能を備え日本中からも人、物、情報が大量に集まる地域として発達して欲しいと思うのです。
    「少子高齢化社会へ対応した接続可能な街づくり」と言う見出しに目が留まりましたが良く分かりません。なにかのヒントかもしれません。
    さて13年後はどうなっているのでしょうか。 明るい未来はやってくるのか?
    13年後の自分はどうなっているのか。       Good luck!!



    by 株式会社フットワーク @ PM07:00タウン情報

ページトップへ